6. 文書の締めくくり方(末文)

内容はもちろん、文書の始まり・しめくくりも大切なビジネス文書。

以下はその、締めくくり方の一例です。


通知状

まずは・とりあえず・取り急ぎ

   +

ご通知・お知らせ・ご一報・ご連絡・ごあいさつ

   +

申し上げます・まで


【例】

まずはご通知申し上げます。


依頼状

ご多忙中・お取り込みのところ・無理をいって・お手数をおかけして

     +

まことに恐縮ですが・恐れ入りますが・申し訳ありませんが

     +

趣旨をご理解の上・事情をご賢察の上

     +

なにとぞ・なにぶん・まげて

     +

ご協力・ご高配・お力添え・お聞きとどけ・お取り計らい

     +

いただきますよう・くださいますよう・賜りますよう

     +

お願い申し上げます


【例】

ご多忙中恐れ入りますが、事情をご賢察の上、なにとぞお力添えくださいますようお願い申し上げます。


照会状

まずは・取り急ぎ

    +

ご照会申し上げます・ご照会まで


【例】

取り急ぎご照会まで。


督促状

右重ねて・ご連絡を

     +

お願い申し上げます

【例】

ご連絡をお願い申し上げます。


あいさつ状

今後も

  +

お引き立てのほど・ご高配賜りますよう・倍旧のお引立て

  +

よろしくお願い申し上げます


【例】

今後も倍旧のお引き立てをよろしくお願い申し上げます。


案内状

まずは・お礼かたがた

    +

ご案内申し上げます・ご案内まで

【例】

まずはご案内申し上げます。
※「拝啓」「謹啓」で始まる場合は「~申し上げます」で、「前略」で始まる場合は「~まで」で締めくくるのが一般的です。


詫び状・断わり状

なにとぞ・以上の次第につき・まげて

     +

事情をご賢察の上・まことに心苦しい次第ですが

     +

ご了承・ご寛容・ご承諾

     +

賜りますよう・くださいますよう・いただきますよう

     +

お願い申し上げます


【例】

なにとぞ事情をご賢察の上、ご了承くださいますようお願い申し上げます。


私信

(ビジネス文書としては使用しません)

時節がら・季節の変わり目

     +

ご自愛のほど・ご自愛くださいますよう・お風邪など召されぬよう

     +

お祈り申し上げます

【例】

時節がらご自愛のほど、お祈り申し上げます。

関連記事

« 代名詞・副詞・接続詞 | ホーム | 5. 主文の導入 »

このページの先頭へ