文例1 通知状

通知する内容を簡潔にはっきりと表現します。

具体的事項は、別記で箇条書きにします。

syagai%20bunrei1.gif

  • 右上に文書番号を記入します。先方からの問い合わせなどがあった際、確認しやすくするためです。
  • 右上に文書を作成した日付を記入します。
  • 左側に先方の会社名・役職・氏名を記入します。
  • 右側に自社の会社名・所属・役職・氏名を記入します。
  • 中央に他よりも大きめの字で件名を記入します。
  • 文頭に頭語を入れ、一字分間を空けてから、時候の挨拶・感謝の挨拶などを記入します。
  • 改行し、通知したい内容について簡潔に記入します。詳細については、下に続く「記」の部分で述べましょう。
  • 結語を右側に記入します。
  • 中央に「記」と記入し、通知したい内容について詳しく箇条書きにします。特に確認したい事項は罫線で囲むか、網掛けをするとより目立ち、わかりやすくなるでしょう。
  • 右側に「以上」として、文書を完結します。

関連記事

このページの先頭へ