社内文書 コンテンツ一覧

社内文書とは?

関わる人が多くなればなるほど、コミュニケーションは難しくなります。人と人、組織と組織をつなぐ社内文書はとても大切なもの。正しくマスターして、上手な意思伝達を。

社内文書の種類

1.命令・指示のための文書

組織として決定した事項を、企業組織の上部から下部へ一方的に伝達する文書。
  • 通達 : 社則・社内規定などに関するもの
  • 規定文 : 人事・労務・福利厚生に関するもの
  • 指示書 : 業務上の指示・命令などを表すもの

社内文書の書き方

社内文書の書き方には、次のようなルールがあります。

社内文書の基本構成

kihonkousei.gif


1)文書番号

発信部課の略称のあとに通し番号をつけます。

文例1 通知書

案内・通知のための文書は伝達が目的ですから、確実に相手に内容が伝わるように注意して作成しましょう。

文例2 報告書

上司への報告とともに受講内容を復習するつもりで書くと良いでしょう。

このページの先頭へ