社内文書の種類

1.命令・指示のための文書

組織として決定した事項を、企業組織の上部から下部へ一方的に伝達する文書。
  • 通達 : 社則・社内規定などに関するもの
  • 規定文 : 人事・労務・福利厚生に関するもの
  • 指示書 : 業務上の指示・命令などを表すもの

2. 報告・届け出のための文書

組織の下部の者から上部に向けて、報告・提案・届け出などを行う文書。
  • 報告書 : 出張・調査・情報などの報告をするもの
  • 届け出書 : 休職・早退・退職「願」や、有給休暇・結婚「届」など
  • 提案書 : 業務改善などの提案をする文書


3.連絡のための文書

組織や業務を運営する上で、各役職や部門間での連絡・意思伝達のために使われる文書。
  • 通知 : 会議や講習会などを知らせるもの
  • 依頼書 : 相手に執筆やアンケートの提出などを頼む文書
  • 回覧文 : 人事異動や社員の慶弔に関するもの
  • 伝言メモ : 留守中の電話や来客を伝えるもの

4.記録のための文書

特に記録を目的とした文書。
  • 議事録 : 会議の内容や決定事項を記録するもの
  • 人事録 : 人事上の異動などを記録するもの
  • 統計・データ : 営業・販売・経理などに関する集計データ

関連記事

このページの先頭へ