送りがなを省く漢字・どちらでもよい漢字

文書には独特のルールがあります。

日本語としては送りがなをつけるのが正しいのですが、ビジネス文書上では、慣例として送り仮名を省く場合があります。

以下はそういった漢字と、どちらの送りがなのつけ方でも正しい漢字の一覧です。

送り仮名を省くもの

  • 取締役・頭取
  • 事務取扱
  • 売上(高)・貸付(金)・繰越(金)
  • 取引(所)・取次(店)
  • 見積(書)・申込(書)
  • 書留・振替・割引・消印・小包
  • 手当・仲買・売値・請負・両替・歩合・組合

どちらでもよい漢字

  • 申し込む・・・申込む
  • 打ち合わせる・・・打ち合せる
  • 表わす・・・表す
  • 行なう・・・行う
  • 断わる・・・断る
  • 賜わる・・・賜る
  • 待ち遠しい・・・待遠しい
  • お引き立て・・・お引立て
  • 問い合わせ・・・問合せ
  • 預かり金・・・預り金
  • 取り扱い・・・取扱い、取扱
  • 引き換え・・・引換え・引換
  • 届け・・・届
  • 願い・・・願
  • 代わり・・・代り
  • 答え・・・答
  • 問い・・・問

動詞から名詞扱いとなったもの

動き・極み・恐れ・仰せ・向かい・調べ・当たり・憩い・群れ


最後の音節を送るもの

幸い・半ば・お互い・自ら・後ろ・誉れ・便り・斜め

関連記事

このページの先頭へ