ビジネス用語 コンテンツ一覧

気をつけたい用語

境目を表す言葉も間違えやすいものです。些細な違いに思えても、ビジネス上では大切な区別ですから、気を付けて使いましょう。


以上・以下

指定する語を含む。

【例】

10人以上 : 10人を含む

部長以下 : 部長を含む

好ましいビジネス用語

ビジネス用語は円滑なコミュニケーションのために使用するものです。

聞いたときに怖そうな印象をもたれそうな言葉や、聞き取りづらい言葉も避けるべき。

やさしい言葉・聞き取りやすい言葉に言いかえます。

尊敬語と謙譲語

ややこしいと思われがちな尊敬語と謙譲語ですが、前提が分かっていれば そう混乱することもありません。

違いは以下の通りです。

尊敬語 : 相手や第三者を上にたてて、敬って言うことば。

敬語の動詞(おっしゃる、いらっしゃる、召し上がるなど)で表現します。
そのほかに、助動詞(れる・られる)を使う
名詞に「お・ご・貴・芳・尊」などの接頭語をつけるなども。


謙譲語 : へりくだることで、相手に敬意を表すことば。

敬語の動詞(参る、伺う、申し上げる、存じ上げるなど)で表現します。
そのほかに、名詞に「拙・弊・小・愚」などの接頭語をつけるなども。


だいたいは上記のきまりにそって変化しますが、中には不規則に変化する尊敬語・謙譲語もあります。

下記はその「不規則変化」の一例です。


このページの先頭へ