「話す力」とはどんなものか

「話す」目的ってなんでしょう。

それは相手に、自分の思いや考えを伝えることです。

でも相手が聞く耳を持っていなかったり、自分が話し方が下手だったりすると伝えたいことが伝わらず、ツライ思いをするものです。

でも、別に話し方が上手でなくても、困ってないと思っている人もいますね。

確かに、人前で話す職業でもなければ、困らないかもしれません。でも話下手で良かったという例は、あまり聞いたことがないのも事実です。

 

話し方が上手になるということは、意思の伝達が上手くなるということ。

自分が考えていること、抱えている思い、感じたことを言葉に変換して人に伝えること。それが上手に出来ることが、「話す力がある」ということになるのです。

意思疎通がスムーズになりますから、日常生活でも、仕事上でも、人間関係がより充実するということです。

人間関係が充実していれば、余計なストレスを抱えるリスクが減り、より仕事に打ち込めたり、毎日を明るく過ごすことが出来るようになります。

今よりももっと話すことが上手になれば、人の気持ちを引き出せるようになったり、周囲から信頼を寄せられるようになったり、誤解や摩擦が生じにくくなったりします。

人には言葉が必要です。だからこそ、世界各国どこへ行っても言語がある

「話す」ことの力、「伝わる話し方」を身につけて、豊かな人生を送りたいですね。

このページの先頭へ