腹式呼吸とは

安定した声を出すには、呼吸法がとっても大切です。人には2つの呼吸法があることは広く知られています。

日常生活で普通に、自然に行っているのが「胸式呼吸(きょうしきこきゅう)」。息を吸うと胸が横に広がります。

これに対して、眠っているときやリラックスしているときに無意識に行っているのが、「腹式呼吸(ふくしきこきゅう)」。

横隔膜が上下して、胸が下に引っ張られるような感覚があります。腹式呼吸は肺にたくさんの空気が取り込めて、安定した発声にひと役買います。

 

腹式呼吸は、横隔膜を動かすのを意識して行う呼吸です。横隔膜を上下させるため、内臓を刺激することにもなり、代謝をあげるのにも役立ちます。

口から吐いて鼻から吸うのが基本ですが、あまりこだわらなくても大丈夫。ただ、口だけで呼吸することは、精神の不安定や判断力の低下につながるともされており、おすすめできません。

呼吸は「吸って、吐いて」と表現されるように、吸うことに意識を集中しがちですが、実際に呼吸をする時には、吐くことに集中したほうが良い呼吸ができます。

ゆっくりと深く息を吐くことで、二酸化炭素を出しきることができ、吸う時に身体に必要な酸素を取り入れることができます。

腹式呼吸は、吐くときにお腹をへこませていき、吸う時にはお腹を膨らませるイメージで行います。無意識に出来るようになるのが一番ですが、まずは意識して行うようにして習慣化していきましょう。

腹式呼吸がしっかり出来るようになることが、安定した良い声を出せるようになる近道です。

このページの先頭へ