声を共鳴させる

声を出す器官である「声帯」は扉のような形をしています。

呼吸時には開いていて、のどがリラックスした状態になります。一方、発声時には閉じて、その間を通る空気で振動し、声が出ます。

声帯の振動だけでは、響きのない隙間風のような音でしかありません。この声帯の振動のみの音を「喉頭原音(こうとうげんおん)」といいます。

私たちはこの喉頭原音を体の中で響かせ、聞き取れる「声」にしているのです。

そんな事を知らなくても、自然に話しているなんて、なんだか不思議な気持ちがしますね。でもこの原理を知ることで、良い声を出す技術を習得できます。

 

喉頭原音を響かせる場所は、鼻腔・口腔・胸腔などです。人間の共鳴腔はとても複雑。楽器のような声を出すことも出来れば、電子音のような声を出すこともできます。

モノマネの上手な人を見ると、よくあんなに色んな声が出るものだと思いますよね。でも実は、構造としては誰にでも出来る事なんです。

良い発声のためには、音を体の中でうまく共鳴させる必要があり、それは訓練でも身につくものです。

魅力的な声を出す第一歩として、まずは「良く響く声」を出せるように意識してみましょう。

このページの先頭へ