キレイな声を出す

キレイな声を出すためには、「あ・い・う・え・お」の母音を、同じように響かせる必要があります。

口を大きくひらかないと、声を出す器官である共鳴腔は開きにくくなります。

そのため、口の中の空間が狭くなる「い」と「う」の音を発声する場合は、特に注意が必要です。

母音を同じように響かせられるようにするためには、やはり発声練習が効果的です。

学校の演劇部部員が発声練習するように、練習してみましょう。

  • 大きく口を開け、「あー」と声を出す
  • 口の形を変えないで「あーえーいーおーうー」と続ける
  • 手であごに触りながら、どの母音でもあごの位置が変わらないように

 

「あーいーうーえーおー」と発声しないのは、口の動きを少なくして練習するためです。

試しに、口の動き具合に注意して、両方を言い比べてみるといいでしょう。

母音の発声がいかに大切かは、劇団四季が「母音法」という練習方法を取り入れていることでも分かります。

プロが台詞を明瞭に発声するために取り入れている練習法でも、母音の発声が重要視されているのですから、必ず効果が表れると考えられますね。

このページの先頭へ