電話応対〜セールス編

会社には、社員個人に対するセールスや、投資の勧誘などの電話もよくかかってくるもの。

まるで友達か家族のような口調で電話をかけてくる人もいますが、たいていはたまたま入手した名簿などを元に電話をかけてくるものです。

社長など忙しい立場にある人にとっては、大変迷惑であることも多いもの。素直に取り次いでしまうのは考えものです。

セールス・勧誘の電話応対

セールスなのかなと思ったら、まず会社名・名前を確認します。その上で、
「失礼ですがどのようなご用件でしょうか」

と用件を丁重に確認します。


用件をはっきりと言わない場合は、セールスもしくは勧誘の電話と思っていいでしょう。その場合は電話を保留にし、名指し人に

「○○の××さまとおっしゃる方からお電話が入っております。用件をおっしゃらないのですが、いかがいたしましょうか」

と聞いて指示を仰ぎましょう。


「外出中」など居留守を使っても、「何時ごろ戻りますか」などとしつこく聞いてくるものです。

そういう時はとりあえず適当に回答して電話を切り、名指し人にあとでかかってきたらどう処置したらよいかを確認しておきましょう。

また電話がかかってきたら・・・

「申し訳ございませんが、セールスでしたらお断りするように本人から申し付けられておりますので」

と、はっきりと取次ぎをお断りします。お断りする場合は、丁重なことばで、しかし毅然とした態度を示すのがポイントです。

なお、同じセールスでも、会社名・名前・用件をはっきり告げ、会社に対する商談として電話をくれている場合は、担当部課までつなぎましょう。

関連記事

このページの先頭へ