電話を先に切る決まりってないの?

一般には、電話はかけたほうから先に切るのが原則とされています。

つまり相手からいただいた電話は、相手が電話を切ってから受話器を置くということですね。

しかしビジネスにおける電話対応では、先方が目上の方である場合、こちらからかけた電話であろうとも先方から切っていただいた方が礼儀にかなっているでしょう。相手が年上の人や、顧客にあたる方なら常に相手が電話を切るのを待って受話器をおきましょう。

マナー本などの中には、「受け手に先に置いていただきましょう」と書いてあるものもあります。迷ってしまいますが、基本的には「相手が目上であれば相手が先、対等であればかけた方から」。

ポイントは用件が済んだら、「それではこれで失礼いたします」など、もうこれ以上の用件がないことをはっきりと伝えることです。

こちらから切る場合も、ひと呼吸置いてから静かに受話器を置きましょう。「それでは失礼します」と言うが早いか、がちゃりと切ってしまっては無礼な印象になってしまいます。

それまでの受け答えが良いものでも、最後の印象が悪くては台無しですから、十分配慮しましょう。

関連記事

このページの先頭へ